よくあるご質問詳細

冬季の凍結、積雪による給湯機器の破損・故障にご注意ください。

給湯機器は気温が下がると安全装置が作動し機器の凍結を防止しますが、接続されている配管までは凍結を防止できません。
配管が凍結した場合はキッチンやシャワーのお湯側の蛇口からお湯も水も出なくなります。
また積雪により給湯機器が破損する恐れもあります。
こうした故障・破損事故を防止するために次のような処置をお願いいたします。

凍結に備える

配管の保温



配管の凍結を予防するために、給湯機器の配管に保温材を巻くなど地域に応じた配管保護の処置をお勧めいたします。
保温材が設置されていても、傷んでいないかご確認ください。傷んでいる場合は本格的な寒さを迎える前に交換をお勧めいたします。
日中も氷点下が続く地域の場合は電気ヒーターの取り付けもご検討ください。

保温材・電気ヒーターの取り付けは販売店・工事店さまへご依頼ください。

保温材がどのようなものかは以下よりご確認ください。

冷え込みが厳しいとき

通水方法

低温注意報が発令されたときなど、冷え込みが厳しいことが
予想されるときは、通水による配管凍結予防を行ってください。

また追いだき付ふろがまの場合はふろ配管の凍結予防のため浴槽にお水を残しておいてください。




凍結してしまったら

凍結確認


お湯がでなくなったとき、以下の方法で配管が凍結しているかどうかを確認してください。


対処方法

温度計給水配管が凍結してることがわかった場合は日中の気温が上がり自然に解凍することをお待ちください。お急ぎの場合は配管の場所など十分ご確認の上、以下の応急処置をお試しください。



その他 ご注意事項

凍結だけでなく、雪が降り積もった場合でもご注意事項があります。
特に屋外に設置されている場合で急な積雪の場合にご注意をお願いします。

このFAQはお役に立てましたか?

ご回答頂きまして、ありがとうございます。
よろしければご意見・ご感想をお寄せください。(1,000文字以内)

ご記入いただいた内容について回答は行っておりません。
※個人情報の入力は、お控え下さい。

ご回答頂きましてありがとうございます。

ご回答、ありがとうございました。
今後の改善に反映いたします。

はじめから探す

キーワードから探す

  • 単語ごとにスペースで区切ってください。 例)リモコン 電源 入らない
  • エラー表示は番号やアルファベットのみ入力してください。(例)111  や E06 等
よく検索されるキーワード
PAGE TOP