よくあるご質問詳細

落雷時の故障トラブルにご注意ください



屋外設置形の給湯機器の場合、雷が発生し始めたら、速やかに運転を
停止し、給湯機器の電源プラグをコンセントから抜いてください。

給湯機器内部には落雷に対する安全装置が組み込まれていますが、近くに雷が落ちた場合、一時的な過電流が電子経路を通って給湯機器内部の制御用部品などを損傷する恐れがあります。

屋外設置の給湯機器は、機器の近くにコンセントが設置されていることが多いです。
必ず、雨が降っていないときを見計らって、電源プラグを抜いてください。
濡れた手でコンセントに触れると感電の恐れがありますのでご注意ください。

 

  1. 給湯機器の電源プラグをコンセントに挿してください。
    ※濡れた手でコンセントに触れると危険です。
     必ず、雨が降っていないときに対応してください。
  2. 給湯機器のリモコンの時計あわせをしてください。
    ※電源プラグをコンセントから抜くと、リモコンの時計が初期値に戻り「0:00」「-:--」が表示され点滅します。
    ※時計あわせの操作は製品ごとに異なりますのでお使いの製品の取扱説明書をご確認ください。
     下記「取扱説明書ダウンロード」からもご覧いただけます。

 

 

 

Copyright ©
2017 NORITZ Corporation. All Rights Reserved.

Copyright © 2017 NORITZ Corporation. All Rights Reserved.
ご不明な点などございましたら  
お気軽にお問い合わせください。
お問い合わせ窓口一覧はこちら