よくあるご質問詳細

コンロの温度センサー周辺(温度センサー・立ち消え安全装置・点火プラグ)のお手入れ方法




煮こぼれなどにより温度センサー周辺がぬれたり、汚れていると正常に燃焼しない場合があります。
こまめなお手入れをお願いいたします。






1.温度センサー・立ち消え安全装置・点火プラグ

バーナーキャップ外し方


バーナーキャップをまっすぐに上に持ち上げて取り外してください。






温度センサーお手入れ水を含ませて、かたくしぼった布で煮こぼれなどの汚れをふき取ったあと、水分が残らないように乾いた布で再度ふき取ってください。



※温度センサー・点火プラグ・立ち消え安全装置をお手入れするときは温度センサーが曲がらないように片手を添えてください。
※洗剤などは使用しないでください。
※点火プラグ、立ち消え安全装置、温度センサーはキズをつけたり、衝撃をあたえないようにしてください。傾くと安心・安全機能が正しくはたらかない恐れがあります。

2.温度センサー


お手入れのあと、温度センサーが上下にスムーズに動くことを確認してください。
動きが悪いと鍋底に温度センサーが密着しなくなり、調理油が発火する場合があります。また鍋が傾きお湯などがこぼれヤケドの原因にもなります。密着しない場合は、下記「修理・アフターサービスのお申込み」よりご依頼ください。




 お手入れをするときは、ガス栓を閉じ、機器が冷えてから手袋をはめて行ってください。


PAGE TOP