よくあるご質問詳細

(焦げつき消火機能について)焦げ付き消火機能がついているが、鍋が焦げ付いてしまった。焦げつく前に火は消えないの?

「焦げつき消火機能」は鍋が焦げ付き始めたり、空だきの場合、自動的にガスを止め消火します。
反応温度は約140℃です。
なお、感知する時間は調理器具の材質、調理材料により異なります。
また、焦げつきの程度は、鍋の材質、火力、調理材料の種類によって変わってきます。
特に、土鍋やガラス製、薄手のステンレス鍋、多層鍋などは熱伝導が悪いため、焦げつきの程度がきつくなります。
PAGE TOP