よくあるご質問詳細

入浴剤を入れてもいいですか

入浴剤の種類によっては、給湯機器やふろがま、ジェットバスなど機器に影響を及ぼすものがありますので、ご注意ください。

■ご使用いただける入浴剤
・お湯に完全に溶けて、浴槽の底が見える程度の透明感のあるもの。
・入浴剤のパッケージに
「ふろがまや浴槽をいためません。」
「全自動強制循環式ふろがまにもお使いいただけます。」
「ふろがまや浴槽をいためるイオウは入っていません。」
などという記載があるものをご使用ください。

記載のない場合は入浴剤メーカー様にお問い合わせください。

使用するときは、説明書をよくお読みいただき、決められた濃度で使用後は追いだき配管の洗浄をしてください。
追いだきができなかったり、変な音がする場合はすぐにご使用を中止してください。

■ご使用できない、または注意が必要な入浴剤

【にごり湯系入浴剤 】
乳白色や白濁する入浴剤は「無機系酸化チタン」が含まれている場合があります。
この「酸化チタン」が研磨剤となり、繰り返し使用されますと給湯機器やふろがまの内部を劣化させたり、故障の原因になる可能性があります。
またジェットバスの場合、内蔵された「ろ過器」内で入浴剤が沈殿堆積すると、ろ過性能が低下する可能性があります。
ご使用はお控えください。

【腐食性のある入浴剤 】
硫黄成分が入っているもの(温泉地などで売られている「湯の花」など)やソルト(塩)系の入浴剤を使用されますと、金属を腐食させる場合があり、給湯機器やふろがまの故障の原因となる可能性があります。
ご使用はお控えください。

【発泡系入浴剤 】
炭酸ガスを発生させる入浴剤など、泡が循環経路に入りますと、異音が出たり、エアがみを起こして給湯機器やふろがまの循環機能が正常に働かなくなる可能性があります。
ガスが発生している間は「追いだき」をしないでください。
またジェットバスの場合も、入浴剤の泡が配管経路に入り、異音が出たり、ポンプの能力が著しくダウンして故障の原因になる場合がありますので、完全に泡が消えてからジェットの運転を行なってください。

【牛乳やお茶、お酒などの飲料やゆずなどの食物を入浴剤として使用する場合 】
牛乳などの飲料、ゆずなど食物のカスは細菌、微生物のエサとなり、繁殖しやすくなります。
ご使用中は「追いだき」をしないでください。
ご使用後は、すぐに排水し追いだき配管内を洗浄することをおすすめいたします。

PAGE TOP