よくあるご質問詳細

コンロバーナーが点火しない。スパーク(パチパチ)しない

コンロが点火しない(スパークしない)原因はいくつかあります。
以下をご確認下さい。

1.電池交換サインランプが点滅していませんか?

電池交換サインランプが点滅していないかご確認ください。
点滅している場合はアルカリ乾電池と交換してください。
乾電池を交換する目安は約1年です。

※ご自宅で保管されている電池は、放電している可能性が高く作動電圧が足りない可能性があります。
 新しくお買い求め頂いた、日本製の、充電式ではないアルカリ単一乾電池に交換してください。

また「点火/消火」ボタンを「点火」の状態のまま放置すると乾電池の消耗が早くなります。
火が消えれば「点火/消火」ボタンを戻してください。

2.バーナーキャップが傾いたり、浮いたりしていませんか?

お手入れなどで取り外したバーナーキャップをもとに戻すときに傾いたり浮くことがあります。
バーナーキャップは位置にあわせて正しくセットしてください。


3.バーナーキャップや温度センサー周辺が濡れていたり、汚れていませんか?

 ※お手入れは、ガス栓を閉め、機器が冷めてから手袋をはめて行ってください。

各箇所の確認とお手入れ方法は、以下をご確認ください。
バーナーキャップは手で簡単に外すことができます。
※完全に冷えてから外してください。


バーナーキャップの裏側の溝(スリット部)が汚れていることが
あります。
溝(スリット部)に煮汁や水滴などが詰まっていると
ガスが出にくくなります。




温度センサー ・ 立ち消え安全装置 ・ 点火プラグ ・ バーナーは
取り外すことはできません。



バーナーリングカバーが外せる場合は、外してから
お手入れしてください。


水を含ませて、かたくしぼった布で煮こぼれなどの汚れをふき取った
あと、水分が残らないように乾いた布で再度拭き取ってください。
※洗剤などは使わないでください。



点火プラグ、立ち消え安全装置、温度センサーは、キズをつけたり
衝撃をあたえないようにしてください。位置が変わったり傾くと
安心・安全機能が正しく働かない恐れがあります。

また、点火プラグ、立消え安全装置の汚れは、点火不良や不完全燃焼の
原因になります。汚れが取りにくい時は、やわらかい歯ブラシなどで
お手入れしてください。



※点火プラグの先端はとがっているため、ケガをする原因になります。
 お手入れの際は、十分にご注意下さい。
ご訪問にて症状を確認させて頂くことをお勧め致します。
下記より、ご依頼ください。

↓修理をご依頼前に、ぜひご確認ください。
tokutoku

このFAQはお役に立てましたか?

ご回答頂きまして、ありがとうございます。
よろしければご意見・ご感想をお寄せください。(1,000文字以内)

ご記入いただいた内容について回答は行っておりません。
※個人情報の入力は、お控え下さい。

ご回答頂きましてありがとうございます。

ご回答、ありがとうございました。
今後の改善に反映いたします。

はじめから探す

キーワードから探す

  • 単語ごとにスペースで区切ってください。 例)リモコン 電源 入らない
  • エラー表示は番号やアルファベットのみ入力してください。(例)111  や E06 等
よく検索されるキーワード
PAGE TOP